イチから学ぶ!旦那の浮気の証拠集め

旦那 浮気 証拠

旦那さんが浮気をしているのではないか。そのように疑ってしまう場面は多かれ少なかれあるのではないかと思います。当サイト「イチから学ぶ!旦那の浮気の証拠集め」では、そういった疑念がわいてきた際に、自分の心理面、メンタルも含めどのようにしていったらよいかを解説しているサイトです。

 

まず、探偵会社を探す前に、最初に大切なことは、浮気を疑った場合に、結果・結論によってどう対応するか?どこまで調べるか?を最初の段階で決めることです。旦那さんがシロだと再確認ができ、さらに愛を深めていけることもありますし、逆にクロだと分かった場合には、離婚も含めてどのように対応するのか?と色々と考えることが出てきます。

 

一度、旦那さんの浮気を疑ってしまった以上、簡単にはその気持ちが消えずに当サイトを見ているわけですから、覚悟を決めて、ある程度は事前に決めておくことをオススメします。中途半端が一番良くなく、あいまいなまま一生を過ごすのはストレスです。

 

このストレスは、一気に老化も促進しますので、女性にとっては、良くないでしょう。

 

旦那さんがクロだった場合の対応方法の例

旦那 浮気 クロ

旦那さんがクロやグレーだった場合の対応方法の例をあげますので、参考にしてください。また、自分一人では、浮気・不倫の確信や証拠を得られるとも限りません。

 

グレーだった場合に、探偵会社に依頼するのかどうか?なども含めて検討する必要があります。旦那さんがシロの場合は、そのまま愛してあげてください^^

 

グレーの場合

今一つ、浮気の確信が持てなかった場合ですが、これが一番多いです。その場合には、浮気の証拠へと近づく方法を伝授しますので、下記読み進めてください。また、グレーのまま終わらすのが精神的に一番良くありませんので、ここで終わるという選択肢はありません。

 

クロの場合

自分で調べてみて、ほぼ確実にクロだと分かった場合・・・。とてもショックだと思います。信じていたのに裏切られた気持ち・・・。または、一気に怒りがわいてくるかもしれません。

旦那 浮気 離婚

 

クロの場合の対処法は、離婚問題になりますが、仮に離婚しないにしてもきちんとルールを作った方が良いでしょう。

 

@離婚する

離婚する場合、慰謝料や養育費などの問題が出てきます。クロだった場合、離婚を心に決めているならば、有利に離婚する為に、裁判用の浮気の証拠集めが必要になります。この場合、探偵会社に依頼をして、「裁判で使える証拠写真」などを撮ってもらう必要が出てきます。

 

もちろん、自分でもできますが、失敗の可能性や使えない写真になってしまうなどのリスクもありますし、警戒されたりもします。

 

A離婚しない

離婚しないという選択肢ももちろんあります。慰謝料をもらって離婚したところで、経済的に苦しくなることが予想されるのであれば、それも賢明です。しかし、この場合もただ、旦那さんの浮気を許していては、損をするのはあなたです。

 

次の浮気、不貞行為があった場合は離婚とし、離婚の条件として高額の慰謝料や養育費などをあらかじめ契約書面にするなどの対策が必要です。これは、弁護士さんなどお願いする必要があります。

 

また、あらかじめ、裁判で使える証拠写真だけは押さえておく方法もあります。

 

まずは、自分で浮気調査!

自分で浮気調査

旦那さんが浮気をしているのでは??そんな時には浮気調査や探偵という言葉が頭に浮かぶこともあると思いますが、いざ探偵事務所にお願いしようと思っても不安や罪悪感でなかなか一歩が踏み出せないでしょう。まずは自分でもできる調査を行ってみるというのも良いのではないでしょうか。

 

自分で浮気調査をすると言っても、どうやったらいいの?と思うかもしれません。まずは、下調べという感じで下記の基本調査をしてみるといいでしょう。女性の勘をもってすれば、すぐに分かるものがほとんどだと思います。

 

@携帯
A車
B言動・行動

 

携帯

浮気 携帯

自分でできる浮気調査といえば、一番に浮かぶのは旦那さんの携帯電話をチェックすることでしょう。通話記録やメールやLINEの内容で気付くことも多いといいます。メールやLINEをしっかりと削除している場合もありますので、アドレス帳などに不自然な名前がないかなど見てみると良いでしょう。

 

しかし、そもそも携帯をロックしているケースもスマホの普及で多いです。スマホはセキュリティ上ロックするのが当たり前ともなっていますので、正直これだけでは分かりません。

 

ですので、携帯をいじる頻度やトイレやお風呂に携帯を持っていくかどうか?不意をついていきなり携帯画面を覗いたの反応など総合的に判断しましょう。

 

また、中には旦那さんの携帯の暗証番号を解析して、寝ているときやお風呂に入っているときに見たり、自身の携帯にメールを転送したりLINEのパスワードも解析して証拠を集めるなどする方もいます。

 

しかし、クロだった場合の対応方法を事前に決めておかないと、結果、失敗に終わります。目的は、浮気のシロクロをハッキリさせることでなく、クロだった場合にどうするか?です。

 

女性は感情的になるので、クロだった場合、目的を忘れてしがちです。不正に集めた証拠では、裁判で使えないことも多いですので、その点を理解した上で証拠集めをすることをオススメします。

 

※そうなると、探偵が撮った写真は使えるのか?となりますが、肖像権に違反しているのでは?などと思いませんか? そもそも肖像権は国内法にはなく、刑事罰の対象でもありません。また、不貞行為に基づき、証拠写真を撮ることは認められており合法行為です。探偵社はその行為を代行しているにすぎません。また、不法侵入なども言われますが、これも限度の問題です。他人の自宅の中までとなると違法性が高いですが、マンションの入口部分や他の人も比較的自由出入りしている私有地等色々あります。合理的な目的がある場合には、その程度の違法行為はとがめられませんし、プロの探偵会社は、そのあたりも含めて裁判に有利になるように証拠集めをしています。

 

浮気 車

意外と証拠が残っているのが車です。髪の毛などの証拠が残っている場合もありますし、それを考慮して車の中が嫌に小奇麗になっていたりといったこともあります。カーナビの検索履歴や走行履歴にも浮気の証拠が隠されているかもしれません。

 

簡単に出来るチェックポイントは、下記になります。

 

髪の毛などの遺留品

車の中には、髪の毛などの不倫相手の遺留品が残っていることも多いです。また、コロコロなどで不自然なほどキレイにしている場合も怪しいです。

 

車の走行距離の確認

車の走行距離の確認も必須です。異常に走行距離が進んでいる場合などもありますので、走行距離は必ずチェックしましょう。車の使用頻度と行先から割り出せば、割と簡単に異変に気づけます。また、走行距離は偽造できません。

 

カーナビの履歴

カーナビの履歴も旦那さんが消していない場合には、証拠の宝庫となります。

 

以上のように車には証拠が眠っていますが、女性は車について無知なことが多く、特に運転免許を持っていないと、証拠集めが難しいこともあります。ご要望があれば、チェックの仕方を運転免許がない方向けに一からお伝えしようとも思います。

 

言動・行動

旦那 浮気 言動変化

その他にも言動や行動、生活習慣の変化や身なりの変化といったことも観察してみると良いでしょう。

 

人はやましいことがあると、日常の言動に変化が起きることがあります。今までは見聞きしてこなかった言動をしはじめ、その言動に関する説明を求めても有耶無耶な回答をしてくる場合、それはやましいことをしている確率が十分に高いと言えます。

 

旦那さんの姿を過去と見比べ、変化が起きたポイントを洗っていくと、それが浮気なのか、もしくはなんでもない別のことなのかを見極める要素にもなります。浮気をしている旦那の変化は、大きく分けて3つあります。1つは、生活リズムの変化です。もう1つは、行動の変化です。そして最後の1つは、発言の変化です。

 

1つ目は、夫婦で暮らしており、ある程度生活のリズムが整っている環境であればすぐに気付ける点です。例えば、夜帰るのが遅くなったというだけでも、浮気が十分に疑える要素となります。

 

2つ目は、以前よりも携帯電話を触る回数が増えたことや、携帯電話を常に手元に置いておくようになった、夜コンビニなどに外出することが増えたなど、今までなかった事を頻繁にしはじめたら、浮気が疑われる要素になります。

 

3つ目の発言を見極めるのは少し難しいのですが、嘘をあまり付かない旦那さんが、嘘だと疑われるような発言をするようになったりしたら、それは浮気が疑わられます。
「旦那さんが最近怪しい」と感じ始めたら、過去と現在の言動の変化に注意を払うことが重要です。

更新履歴